post

車を売りに出そうと思ったので、WEBの簡単査定サービスを使ってみました。

買取に出す車は赤のアウディで、まだ乗り始めて5年しか経っておらず、そこそこ高い値段が付くのではないかと思っていたら、意外にも非常に安い金額だったのでびっくりでした。査定を出してくれた業者の方に実際に来て説明してもらったところ、「買取査定ではアウディより軽自動車の方が高くなる」と言われて衝撃を受けました。


自動車が欲しいという人が多い時期は、自動車を売却する人にとっても自動車を高く売るチャンスですね。

自動車購入の需要が高ければその分供給しなければならず、当然のように買取金額も上昇します。一般的に会社の決算月である3月と9月は中古車販売店は通常の月よりも売ることに注力していますから、見積額の交渉も上手く行くことが多いと言えるでしょう。

9月は、さらに夏のボーナスが出て間もない時期であることから車を買う人が多くなる時期ですから、中古車を手放すのにも適した時期となります。7年間乗っていたekワゴンの乗り換えを決め、新しい車を買うお店に下取りしてもらうことも考えましたが、下取りの提示金額があまりに安く驚きました。手間はいくらか掛かりましたが、中古車買取業者を利用し、ずっと高い金額で買い取ってもらうことができました。


今回は一括査定をお願いしたので、市場価値の相場も大体分かって良かったですし、思った以上にスムーズに買取きの手続も進められました。


買取を選んでいくら得になったか考えると、買取にしてよかったと心から思っています。

元々、住んでいるところは歴史ある港町です。

窓からは遠くまで海が見渡せて、暑い季節には気持ちのいい潮風が吹き、なかなか快適な暮らしではあるのですが、ひとつ惜しいのは、潮風で車がすぐに傷んでしまいます。



ここ以前に住んでいた海から離れた場所では、車がボロボロと錆びてしまうなんてことは聞かなかったことです。今使っている愛車を車下取りに出して、きれいな新車を手に入れたいです。
車査定を受けるのに一番良い時期はいつでしょうか。一般的には3月だという事になっていますね。



その理由は、4月からの新生活に向けて、多くの人の生活環境が変わるため、車の需要が増えて中古車市場が最も大きく動く時期なのです。



ということは、買取需要が高まるという事ですので、買取価格も市場の変動と共に、高めに見積もってもらえる事が多いようです。
さらにこの時期は自動車税のことも考えなくてはなりませんので、3月中に査定も売却も終わらせてしまうというのが良いと思います。自分が乗っていた車を買い取りに出す場合に、査定項目の中にタイヤの溝の磨り減り具合も入っているため、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

溝が減っていると減点対象ですが、売るときに新しくタイヤを変えたとしてもかかった費用以上の上乗せは見込めないので、行う必要性は全くないでしょう。

ただ、スタッドレスタイヤを履いている時は、じっさいに見積もりを出してもらう前にスタッドレスではなくてノーマルタイヤに戻した方が良いでしょう。スタッドレスタイヤは時期や季節によって需要の有る無しがハッキリしているために、査定時に減点されてしまう可能性が高いのです。

中古車売却の際には、なるべく沢山の会社に買取の見積もりを出してもらってから実際に売却する会社を決定していくのが、高く車を売却するコツです。いっぺんに沢山の業者に見積もりに来てもらって、みなが査定額を競争せざるを得ない状況を作り出すのも自分にとってかなり有利にはたらきますね。いけないことのように感じる方もいるでしょうが、割と良くある事柄ですから、気に病む必要はありません。それから話は変わりますが、いざ契約となった時には売買にあたって契約書の全文を充分に読むことが重要になってくるでしょう。
車査定を頼む前に、車のボディにある傷は直す方がよいのか考えてしまうところですよね。
簡単に自分ですぐ直せる程度の小さい傷であるなら、直しておいた方がよいと考えられます。


しかし、自力で直せない大きな傷の場合は、修理に出すことなくそのまま車の査定を受けた方がよいのです。一般的に事故車というのは、事故などで破損した車全般を指すと思いますが、これは中古車査定で使われる場合とは違うのです。



中古車査定の定義の場合だと、交通事故などが原因で自動車の枠組み部分を交換しているか、修復したものの事を事故車と呼ばれるのです。



車査定では、タバコの臭いがするかどうかが査定額の決定打となります。


どれほど消臭に手間ひまをかけても、タバコの臭い、煙やヤニの成分は天井、シートに付着して離れません。
近頃タバコを吸わない人や、子どもやお年寄りに気を遣う人が増加傾向にあります。タバコの臭いがする車を避けて購入したい人が多いので、タバコの臭いがすると査定は低くなるというのは避けられません。


私の車は以前、事故に遭っており、フレームの修復をしてもらったことがあるので、つまり修理歴が有るということになります。

しかし、修理跡は簡単に見ただけでは分からない箇所にあります。
買取をお願いするときにそのことは正直に告げないといけないのでしょうか。それで後から減額を要求されても気分が悪いでしょうし、まして裁判など起こされたら只事では済みません。そうしたリスクを勘案すると、修理歴は素直に報告しておくことにしました。

ローン完済前の車を売るときは、残りを全部払い終えてからでなければ売ることは不可能です。なぜなら返済中の車はローン会社のものであり、実際の所有者名義もローン会社であることが一般的だからです。



業者に売る前にローンの残りを払い終えてしまえるようでしたら問題ないものの、それが無理なら決定した査定額を使ってローン残債を支払うという手もないわけではありません。ただ、それにはローン会社の承認を得ることが大前提となり、手続きも必要ですから普通の売却よりは時間がかかります。スリップサインが見え始めたような使い込まれたタイヤでも、新しいタイヤに交換してまで査定に臨む必要はないでしょう。どんな高級車であろうとタイヤ部分は消耗品です。それに、車を中古車市場に出す時に業者がタイヤを交換することもほとんどだからです。
タイヤの状態の悪さはたしかに減点対象ですが、買取額への影響は微々たるものです。せっかく交換しても得することはほとんどないでしょう。通常、自動車業界において標準とされる1年間の走行距離数は10000キロメートルです。そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、年式が旧型ならば一般的には年間走行距離は少し短くなるのです。



車売却の際にはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないと却って不調になることが多いのです。

走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。車というものは大切な資産の1つなので、人手に渡す場合には十分な下調べをすることが必須です。とりわけ業者に売却することを決断した場合値段などの交渉が不可欠です。

思い残すことがないようにするには、注意深く考えることが鍵になります。